ビーチボーイ&ビーチガールのクロニクル

南国ビーチで、ゼロからリゾートを建設し、営業し暮らした記録です

もったいないけど、仕方ない


さて、コテージ2号。


外観はもうカタチになっています。



屋内のタイル貼り、始めました。


セメント粉だけで練ったセメントで、貼っていきます。


これは浴室の壁。


熱帯ですから、バスタブはありません。


温水 or 冷水のシャワーとなります。 


広さは大事なので、そこそこあります。



こちらベッドルームの床。


タイルを、1枚1枚セメントで張っていく手作業です。


地球+捨てコン+鉄筋&コンクリート+セメント+タイル。



5層構造?



ウン十年後に、屋根・壁が劣化しても、こういう構造の床は、その後30~50年は大丈夫だと思います。






『フィリピンスタンダード』だから、床面がいい加減です。


つまり、タイルを貼るセメントを1インチ厚で仕上げようとしても、床に凹凸があるので、低い場所などは2インチもセメントを要します。


そんな場所では、40センチ四方のタイル4枚で、セメント1袋(40キロ)を使ってしまう。






運搬途中で割れたタイル。


セブ市で買って持ち帰ると、3%程度のタイルが割れる。


最初のころは、トラックをチャーターしていたので1割近く割れた。


この頃は、バンにして床に段ボールを重ね敷しているが、それでも3%くらいは割れてしまう。



困ったことだが、ウチまで100キロ以上の凸凹だらけの舗装路を、ボロ車で運ぶのでどうしようもない。


しかし、これらのタイルは、全く使えないわけではない。


カットして壁・床の隅の半端部分に使える。


ほかに外のコンクリート通路に、アクセントとしてモザイク張りなどして、使い切るつもり。



モッタイナイ、モッタイナイ。



×

非ログインユーザーとして返信する