ビーチボーイ&ビーチガールのクロニクル

南国ビーチで、ゼロからリゾートを建設し、営業し暮らした記録です

玄関ドアを作る

巨匠:ドドンだ。


仕事が終われば酒びたりだが、作業中は頼りになる。




さて、コテージ2号のメイン(入り口)ドア。


室内のドアより太く厚い木⁽むろん古材木)を使用。


製作担当は、あたり前田の『巨匠(別名:ヨッパライ)ドドン』。


私は敢えて図面を引かなかった。


ドドンに丸投げした。



名犬ロイヤーも興味津々。



ドドンは、図面も絵も持っていない。


比国ではよくあることだが、図面は読めないのだ。




ダボを切って、上部の半円部分に取り組む。


図面は、ドドンの頭の中にあるようだ。


こういう時は、ドドンも集中して無言だから話しかけない。



上の半円は、木で作る前に合板で型を取っている。



内心、私は『無理な注文出したのかな』と心配なのだ。



ドア上部の半円部分をダボで繋ぐ巨匠:ドドン。


リクエストしておきながら、こういう細工は私にはできない。



半円を木で細工。


クチは出せない。


彼の経験値に頼るしかない。



あらかた決まったので、ヘルパー⁽手前⁾を入れた。



裏表に板を張り、モールディングで押さえる。






これで形はOKだから、やすりをかける。


上の半円部分は、色ガラスを表裏2重に貼る予定。


重さ40キロ強になってしまった。



さらに飾りを追加したので、50キロ!


いい開閉音、するかな?



作り始めて1週間=6日間でドアパネル1枚ができました。



『マンパワー』というか、人件費が安いフィリピンの田舎ならではの作業です。


ですが、都会の家具屋で売っている、中国製の小洒落たドアパネルより、へヴィドューティ、質感も存在感も、耐久性も高いはずです。



何より、我らが村の巨匠、ドドンの魂がこもっている、素敵なドアだと私は思います。



×

非ログインユーザーとして返信する