ビーチボーイ&ビーチガールのクロニクル

南国ビーチで、ゼロからリゾートを建設し、営業し暮らした記録です

祭りだっ、まつりだっ、ア~ッ フィエスタだッ!

パフォーマンス会場。




仕事を片付け、フィエスタを見に行ったら・・・


仮装ダンスコンテストの会場は、片付けも済み、散らかった紙ふぶきだけが名残り。


『祭りの後』・・・




フィリピンの人達が何よりも好きなのは、フィエスタ(お祭り)だと言われます。


よく言われるように、東南アジア唯一の『ラテンの血』が騒ぐのかも知れません。


ウチの地元の市の、年に一度の『タウン・フィエスタ』。


(他に、村祭り、州祭りなどあります)




ウチの職人達も、金曜から日曜まで3日間休みでございます。


正月も、クリスマスでさえ1日しか休まない連中にして、この有様。


如何にフィエスタがビッグイベントか、お分かりいただけると思います。



ダンス、パレード、仮装踊り、出店、屋台、パーティー、ご馳走、ディスコ大会、ミスコン、移動遊園地・・・・参加するも見物するも、確かにフィエスタは楽しい。





私フウテンもフィリピンに来たての頃は、フィエスタと聞けばアチコチに出かけ、フィリピン人たちと一緒に、連日深夜まで騒いだものでした。


しかし、もうそんな体力は無いし、もともとラテン系じゃないですから、最近はちょっと食傷気味と言いますか、フィエスタでも、アドレナリンが湧いてきません。




そんなわけで、午後3時半に出て町に行き、5時過ぎにはウチに帰っておりました。


トライシクルで10分の町に着いたときは、出し物は終わっていて、会場はあとの祭り、祭りのあとでした。



夜はディスコ大会だそうですが、月曜からの現場仕事の段取りで、とてもそんな気にはなりません(年だなぁ~)。


第一、ディスコなどは、とっくの昔に卒業いたしました。



仮装パフォーマンスの楽屋には、まだ興奮が残っていました。




年に一度の晴れ舞台ですから。



戦い終わってホッとひと息の出演者達。




日本風に言えば、参道の出店?


ここは子供用古着の山。


1品、10ペソ=20円から。




“いいお ゆうき”君のシャツがありました。


日本人の子供たちの『おさがり』、古着たちが、こんな?ところに来ています。


日本で『古着ゴミ』として出された衣類は、当地で格安価格で売られています。


こういうお店を、巷のひとは『ウーカイ ウーカイ』と呼んでいます。


タイでも、『10バーツショップ(売値は10バーツ均一)』で売られていました。


探してみると、他にも日本人名前の書いてある衣類が、たくさんありました。


(『タダのものを売るのか?』というお考えもあるでしょうが、輸送のコスト、売る人の給料を加味してあります。つまり、この国はそこまでしませんから)




会場近くは、どんな小道も出店とヒト、ひと、人・・・・・・だらけ。


活気があります。




来年のフィエスタは、バッチリと楽しみたいものです。


だいたい、冗談にも『引きこもり』とか言っている内に、ホントにそうなってしまいます。


老け込んでしまいます。


今は工事があるのでしかたないですが、来年は工事完了し営業していて、“お客様と一緒にフィエスタ見物”、是非そうありたいです。




アドレナリン、βエンドルフィン、オキシトシン、なんでもいいから、フィーバーしちゃいましょう。


『フィーバー』って古いですか?


ほっといてください。



×

非ログインユーザーとして返信する