ビーチボーイ&ビーチガールのクロニクル

南国ビーチで、ゼロからリゾートを建設し、営業し暮らした記録です

大棟梁エンボイとドアノブのバトル


1ヶ月前に、コテージ2号用のドアノブ(鍵付き)セット8個を購入いたしました。


2日前に、取り付けのため、現場に出しました。


担当は、大棟梁エンボイと巨匠ドドンです。


しばらくして、エンボイが・・・・



『このノブが、軸にはまらない。だめだコリャ、使えない。』
と私に返してきました。


上の画像で云うと、左のキーを差し込む側のツマミが、軸から外れた状態で返してきました。




私:「?・・・・」


やってみると確かに嵌まりません。


エンボイ:『最初から外れてた、不良品なんだ。』



とても理解に苦しみます。


なぜなら、もし最初から外れていたら、長くてプラスチックの包装パッケージに収まらないのです。


それに、私は彼らに渡す前に、ちゃんとしていたことを確認してます。


さらに言うならば、取り付けのときに、両方のノブを軸から外す理由はまったくないのですから。



アシスタントのJに、塗料購入(前回の記事)の際、ついでにこれをホームセンターに持って行かせました。


1ヶ月前に買ったものだし、ウチで壊したことはミエミエです。


Jが1時間ほど?粘り交渉して、やっと交換してくれたそうです。



本日エンボイに、もう軸からノブを外すなよと念を押し、交換された品を渡しました。


数十分後、見に行くとちゃんと付いてます。


ところが・・・・・・



エンボイ:『このカギじゃ、開かないんだ。』



・・・・そうなんです。


(私としたことが・・・油断がありました。Jに念を押すべきでした)


店では、ドアノブを交換して、付属の鍵は交換しなかったのです。


(日本じゃありえない話)




この国の貧困層(=庶民)は、鍵の付いたドアノブ付きのドアがある家に住んでいる人は、多くはありません。


ドアそのものがない家に住む人々(カーテンをドア代わりにするとか)も、少なくありません。


ですから、ドアノブだの鍵だのと言っても、理解できないことがあります。





またドアから外して、次の資材仕入れのときに、再度店に持っていかないといけません。


とっくに分かっちゃいるけど、この国で暮らすと、忍耐力を試されます。



メタメタなフィリピンのお店の話

(ヴァルスパーバニス、木材表面にツヤをつけ保護する『ニス』です)



例によって、奥様と私でセブ市に資材の仕入れに行きました。


塗料、エアコン、タイル、ドアノブなど重いモノを車で買ってきました。



2号コテージの仕上げに入り、木工仕事が増え、ニス(上の画像)を多用します。


買い置きがなくなりました。



昨日、ほかのペンキ類の購入も含め、急きょアシスタントのJをセブ市のホームセンターにおくりました。


一日がかりの仕事です。


Jから、携帯メールで、『ニスが1缶1,038ペソもするけど、どうする?』ときました。


そうなんです。


1ヶ月前のときは、ブランド品のニスが値上がりしているので、廉価版のニスを買ったのですが、それも無くてブランド品のみだそうです。



「ニスは買わなくていい。」


と返信しました(私に”作戦”があった)。





翌日、Jを近くの町の小さな金物屋におくりました。


セブ市の1,038ペソと同じものが、760ペソ!


その店は商品の動きが悪く、古いのがあったのです。


値上がりする前に仕入れた品のストックです。


私の読み勝ちです。


もちろん、全部買い占めオーダー出しました。



フィリピンでは、単純に仕入れ値にその都度、その店なりのレートをかけて、店に並べることが多いのです。


ですので、同じ店の、同じ棚の同じ品でも、値段がバラバラという??なことがあります。


ここは日本ではないので、文句をつける気はさらさらございません。



『郷に入れば・・・』の言葉通り、それを利用するのが賢いやり方だと思います。