ビーチボーイ&ビーチガールのクロニクル

南国ビーチで、ゼロからリゾートを建設し、営業し暮らした記録です

またまた、スマカツオが獲れた

まな板の上のスマ。


個人的には、日本で普通の『本カツオ』より、この『スマ⁽カツオ⁾』のほうが、旨いと思います。


日本でも獲れますが、群れが小さいのか、海域のせいか、漁獲が少なく、あまり流通はしないようです。




昨日午後4時頃。


ウチの前の海が、騒がしい。


10隻以上の小型釣り船が、ウチの前を行ったり来たり、走り回っている。


(一人乗りの動力船での引き釣りです)


またカツオの群れが入ってきたようです。


管理人のRおばチャンも気が付いたらしく、海を見ていた。


「カツオが大漁だったら、1匹分けてもらうから頼むよ!」


「1キロくらいの小ぶりの、獲れたてだぞ~!」


とオバチャンに伝えた。


ウチの職人たちは、普段から『タックス(税金)払え』と冗談半分で、魚を安く買っている。


『(ウチの前の海で稼ぐ)ショバ代』というわけだ。


案の定、かなりあがったらしく、5時半にぶら下げてきた。


45センチ、1キロちょいだ。


フウテン一家3人ではこのサイズがグー。


これ以上でかいと食べ過ぎで
、動けなくなる。


晩飯に、プリッ、プリッの刺身でいただきました。


カツオは、足が早い魚ですから、刺身は獲れたてが一番美味です!


(漁獲後『寝かす』必要はない)





スマカツオ(=ヤイトカツオ)です。


本ガツオとほぼ同じ姿ですが、腹の黒い縦ジマはありません。


ちょっと前まで海で泳いでましたので、まな板の上でも反り返ってます。


目の前の海を、アジやカツオ、イワシの群れが泳いでいる。


あのジンベイザメも、ウチの前の水深3~5mで何度も見ている。


しばらく前には、アジの刺し網にジンベイ鮫が絡まってもだえていた。



こんな環境に感謝です。


今度は、メジ(メジマグロ=本マグロの子供)をリクエストしておきました。



×

非ログインユーザーとして返信する