ビーチボーイ&ビーチガールのクロニクル

南国ビーチで、ゼロからリゾートを建設し、営業し暮らした記録です

アンブレラはいらない

改めて申し上げます。
このブログは、以前、フィリピンで暮らしていた頃の記録をもとに記した”クロニクル=年代記”です。
プロフィールにあるように、2022現在、私は日本在住の高齢者です。

云わば、『年寄りの昔話』。




フィリピンの田舎で、長いこと暮らしています。


約20年間で、傘を差した時間と言うのは、全部合計しても10時間有るか無いかだと思います。


したがって、自分用の傘というものは持っていません。




では、私はいつも雨の中、傘もささずに歩いているか?と言うことになると、半分は当たっています。


もともとフィリピンの雨はたいてい陽性です。


ザ~っと降ってパッと止む、というスタイルですから、降り始めたらちょっと雨宿りしていれば済むことが多いのです。


それに私は、出歩く時はなるべく荷物を少なくしたいのです。


村内を歩いている限りでは、小銭以外、無一物ですから、濡れて困ることも無いのです。


で、フィリピンの人達はどうかと言うと、これも雨に濡れる事を日本人ほど厭(いと)いません、特にイナカでは。


かなり激しい雨が降ってきても、シャツや短パンを体に貼り付かせて、平気の平左で歩いています。


ひとつの理由は、着ている物のせいもあります。


男も女も着古した?Tシャツ・短パン&ビーサンが多いですから、濡れても、ど~ってことはないのです。


(以上、あくまで比国の田舎の話です)



欧米人も、日本人ほどは雨を気にしないように思います。


基本的に人体は防水仕様に出来てますので、雨を厭う理由は、着衣や持ち物が濡れるのを厭うからでしょう。




ウチのフィリピン1号などは、雨がザ~ッと降ってくると慌てて外へ飛び出し、3輪車で暴走します。


クラブハウスの一階テラスを、サーキットに見立てて?グ~ルグルと回ります。


ずぶ濡れになる事が、心地良いのでしょう。


『こやつ、フィリピン化してるな~!』とも思いますが、考えてみると自分も子供の頃、雨や水溜りが、気持ちよかったように思います。



子供のほうが大人より本能的ですから、本来、人間は水が好きなんですね。


まして、このフィリピンの気候では、びしょ濡れになると『カイカ~ン!』です。


よく言われるように、“SHOWER=シャワー”です。




さて“♪傘がない♪”といえば、陽水さんの歌ですね!


昭和47年ですか。


景気が悪く暗い時代の歌ですが、私には懐かしい時代です。


生ギター1本の弾き語りで、『 ♪だけども問題は今日の雨、傘がない♪ 』 と歌い上げます。


歌唱力には定評がありますが、若いころの、粗削りだが甘く張りのある歌声が、独特の“陽水の世界”を創っています。




傘がない 井上陽水



×

非ログインユーザーとして返信する