ビーチボーイ&ビーチガールのクロニクル

南国ビーチで、ゼロからリゾートを建設し、営業し暮らした記録です

キミたちほんとにマジメ君?



(午後2時―現場着) 
現場入りして、またチェックチェック。
そういえば、水溜め用のドラム缶とホースを買ったはずなのに、この前から全然見ていないような気がする。
さては売り飛ばされたかと、管理人のおばちゃんにその旨告げると
「セメントこねる時だけ使ってるので、それ以外のときは、ボロ屋にしまってる」と言う。
えっ、いちいち、そんなにこまかい職人がこの国にいるのか?


ボロ屋を覗くと、本当にホースとドラムカンがきちんとしまってあった。
それからいつも思うのだが、このチームは監視してなくてもサボっていないようだ。
私はバスで現場に行くので、私が到着したときに皆セッセと働いているのは、バスが止まった音を聞きつけて、動き出すんだろうと思っていた。


しかしこの頃は工事が進み、作業場は海のほう、道路から遠くなっている。バスの音は聞こえないし、そこから道路は見えない。
それなのに、あぁそれなのに! 
バスを降りて近づくと、あれ不思議、いつもちゃんと動いているのである。
周りの誰かから特殊なサインが伝わっている感じもない。
誰の耳にも無線機?も付いていない。
私の体に、いつの間にか発信機のチップを埋め込んだのだろうか?
「なぜ?」と本人達に聞くわけにもいかない。
これではヘタな日本人より、よっぽど勤勉なのである。



この国にいると、一般的に、日本人はどうしてもだんだん疑い深くなる。
私だけではない。
この国に於けるさまざまな経験や体験により、そうなってしまうのである。
これは日本に住んでいる日本人には理解しがたい事であろうが、そうしないとこの国に住めない、生きていけない、というのも事実である。


私などは長年フィリピン人と働いているので、それが体に染み付いて、時に日本人からは=奥様M=から、しつこいほど疑り深くて、嫌われてしまうことがあるくらいだ。


人を、[信用すること] と [疑うこと] 、生き残るために、何処の国にいても、このバランス感覚がとても大事なようだ。



き真面目な人達


時々強い雨が降っていたので、これじゃ全員サボってるなと確信しつつ、タガが緩まぬよう、気合を入れるために現場に来た。








予想通りに現場は見渡す限り、誰もいない。 


1分も待つことなく、アタマのエリックが不思議と何処からともなく現れた。
月光仮面か!お前は。
しかし、ちょっと酒クサイ。



そろそろ現場慣れしてきたので、サボり癖が出てくる頃かと予想していたが、見事的中なのだろうか。
しかしこの国では、怒りを露わにすることは、愚の骨頂である。
どんなにダメな人間でも、プライドだけは異常に高いからだ。
荒い言葉で叱ることは、絶対すべきではない。



「どうしたの~?」
「エリックちゃ~ん、ここ誰もいないみたいだけど~?」。


エリック(申し訳なさそうに)
「雨がすごくなってきたので、2時で上がっちゃった。」
「今日のDTR(仕事の記録)は2時にしてある。」
「アイムソーリー、今日出来なかった分の時間は、今週の残りの日に昼休みをちょっとずつ削ってアジャストするから。」
普通のフィリピン人は、『I'm sorry』というセリフは、めったに言わない・・・。


しかもそのあとの言葉もちょっと信じがたい。



そこにオバちゃん管理人の旦那(こちらもかなり酔っている)も加わり、工事人達が、いかに真面目にギリギリまで仕事したか、しつこく力説してくる。
酔っているので、何度も同じ事を繰り返す。


トゥバ(やし酒)臭さに閉口するが、かばい合うのは見苦しいものではない。
それではと手書きのタイムレコードを確認すると、ホントに2時までとなっている。


????????
ひょっとするとこの連中は、本当にマジメなのだろうか?
今までのリゾートで、今まで私が付き合ってきた工事の職人達は、外仕事の場合雨が降ると『天の恵み』、神様サンキューとばかりに半日でもゴロゴロして、給料だけは要求する、という扱いに苦労する連中ばかりだった。
それなのに、この連中は正直に2時までと記録した?
この人達、突然変異、なのだろうか?



私、「エリック、オマエ酒代足りないだろ~が。これでみんなにもう一杯ずつ飲ませてあげな!」


あれー、またあげちゃった。
なんとなく変な感じ、そんな気分で帰りのバスに乗る私であった。
薄暮の大雨の中、突っ走る満員のバスの中で、私はキツネにつままれた気分だった。


そういえば、日本には『狐雨』という言い回しが、ある。